A - お茶

Time Limit: 2 sec / Memory Limit: 256 MB

問題文

高橋くんはドリンクバーにやってきました。彼は今お茶を飲みたい気分です。しかし、ドリンクバーの飲み物の表記はすべてローマ字で、高橋くんはそれを読むことができません。高橋くんは、ある飲み物について、それがお茶であるかどうか知りたいと思っています。 ただし、ある飲み物がお茶であることは、そのローマ字表記がTで終わる文字列であることと等しいです。

あなたの仕事は、ある飲み物のローマ字表記の文字列Sが与えられたとき、飲み物がお茶であるか判定するプログラムを書くことです。


制約

  • S の長さは1以上50以下である。
  • S の各文字は英大文字からなる。

入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。

S

出力

文字列 S が表す飲み物がお茶のとき、YES、そうでないとき NO1 行に出力せよ。


入力例1

ICEDT

出力例1

YES

ICEDTTで終わる文字列なので、YESを出力します。


入力例2

MUGICHA

出力例2

NO

Tで終わる文字列のみ、お茶とみなします。


入力例3

OOLONGT

出力例3

YES

入力例4

T

出力例4

YES

入力例5

TEA

出力例5

NO