A - くつがくっつく

Time Limit: 2 sec / Memory Limit: 256 MB

問題文

ARCマートは土曜日だけに営業する靴屋さんです。扱う靴は1種類だけで、サイズ以外の見分けはつきません。 残念なことに、 1 週間ぶりに店を開けると空き巣に入られてしまったらしく、靴がめちゃくちゃに散乱していました。

残っている靴を全部かき集めると、左足の靴が L 足、右足の靴が R 足みつかりました。 ただ、靴を売るには同じサイズを両足分そろえてペアにしなければなりません。 靴の種類はすべて同じなので、ペアを作るときはサイズだけを気にすれば良さそうです。

もう開店まで時間がないので、店長のために、最大で何組のペアを作ることができるか求めてください。


入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる

L R
l_1 l_2l_L
r_1 r_2r_R
  • 1 行目にみつかった左足の靴の数 L (1 ≦ L ≦ 100) 、右足の靴の数 R (1 ≦ R ≦ 100) が空白区切りで与えられる。
  • 2 行目にはL個の整数が空白区切りで与えられる。 i 番目には i 番目の左足の靴のサイズ l_i (10 ≦ l_i ≦ 40) が与えられる。
  • 3 行目にはR個の整数が空白区切りで与えられる。 i 番目には i 番目の右足の靴のサイズ r_i (10 ≦ r_i ≦ 40) が与えられる。

出力

作成可能な靴のペア数の最大値を 1 行で出力せよ。


入力例1

3 3
20 21 22
30 22 15

出力例1

1

サイズ 22 のペアが 1 つだけ作れます。


入力例2

3 4
10 11 10
12 10 11 25

出力例2

2

サイズ 10 、サイズ 11 のペアがそれぞれ 1 つずつ作れます。


入力例3

5 5
10 10 10 10 10
10 10 10 10 10

出力例3

5

入力例4

5 5
10 11 12 13 14
30 31 32 33 34

出力例4

0