J - 石山ゲーム

Time Limit: 2 sec / Memory Limit: 256 MB

問題文

すぬけくんとりんごさんは、よくゲームをして遊びます。今日は石を使った以下のようなゲームをするようです。

  • 2 つの石の山を作る。それぞれの山に含まれる石の個数は X 個、Y 個にする。
  • すぬけくんが先手、りんごさんが後手で交互に石を取っていき、どちらかの山の石の個数を 0 にした方が負けとなる。石を取るときのルールは以下の通りである。
    • まず、2 つの山のうち残っている石の個数が少ない方の石の個数を k とする。
    • 2 つの山のどちらか一方を選び、1~k 個の石を取る。

2 人ともが勝ちを目指して最適な戦略を取るとき、どちらが勝つでしょうか?


入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。

X Y
  • 1 行目には、2 つの整数 X, Y (1 ≦ X ≦ 10^9, 1 ≦ Y ≦ 10^9) が空白区切りで与えられる。これは、ゲームの最初にそれぞれの山にある石の個数を表す。

出力

先手のすぬけくんが勝つ場合は snuke を、後手のりんごさんが勝つ場合は rng1 行に出力せよ。出力の末尾に改行を入れること。


入力例1

4 2

出力例1

snuke

ゲームは、例えば以下のような流れで進行します。

  • すぬけくんが 1 つ目の山から石を 2 つ取る。
  • りんごさんが 1 つ目の山から石を 1 つ取る。
  • すぬけくんが 2 つ目の山から石を 1 つ取る。
  • りんごさんが 1 つ目の山から石を 1 つ取る。これにより 1 つ目の山の石の個数が 0 になるためりんごさんの負けとなり、すぬけくんが勝つ。

入力例2

1 999999999

出力例2

rng

入力例3

100 999999999

出力例3

snuke

すぬけくんが最初の手番で 1 つ目の山から石を 99 個取ると入力例 2 のような状況になり、りんごさんの負けとなりすぬけくんが勝ちます。