B - 11の倍数

Time Limit: 2 sec / Memory Limit: 64 MB

問題文

11 で割り切れる数には、奇数桁の数の和と、偶数桁の数の和を比べると、差が 11 の倍数になっている、という性質があります。この際、一の位を 1 桁目、十の位を 2 桁目、というように、小さい数字から数えていくことに注意してください。

例えば、 7392 という数字について、偶数桁に存在する数字は、 2 桁目の 9 と、 4 桁目の 7 であり、その和は 16です。 奇数桁に存在する数字は、 1 桁目の 2 と、 3 桁目の 3 であり、この和は 5 です。 165 の差は 11 であり、上記の性質を満たします。

あなたは、 与えられた整数が、 11 の倍数であるかどうか調べたいです。そのため、偶数桁の数の和と、奇数桁の数の和を求めようと思っています。この 2 つの値を出力するプログラムを書いてください。


入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。

N
  • 1 行目には、11 の倍数であるかどうかを調べたい整数 N (1 ≦ N ≦ 10^{1000} - 1) が与えられる。

出力

偶数桁の数の和と、奇数桁の数の和を、スペース区切りで 1 行で出力しなさい。 出力の末尾には改行をいれること。


入力例1

7392

出力例1

16 5

問題文で説明した例です。


入力例2

12345

出力例2

6 9

11 の倍数でない入力も与えられます。


入力例3

917237645269816381478124891628461341894621418946786785634501961

出力例3

142 163

大きな数が与えられることがあることにも注意してください。


Source Name

Code Formula 2014 予選B