A - 金庫

Time Limit: 2 sec / Memory Limit: 256 MB

問題文

あなたはぬいぐるみを持っています。ぬいぐるみは大切なので鍵をかけて金庫に保管しています。

金庫はダイヤル式で、-100 から 100 までの整数値の目盛りが書かれています。最初 0 に針が合わせられています。

金庫は針が 0 にある状態から始めて、針を A の位置に合わせた後、B の位置に合わせて、再び 0 の位置に合わせることで開けることができます。針を A の位置に合わせる前に針を B の位置に合わせることはできますが、この場合でも針を A の位置に合わせた後に再び B の位置に合わせる必要があります。

針が指す値は 1 ずつしか変化させることができません。ただし、針が -100 を指している状態で針が指す値をさらに減らすこと、針が 100 を指している状態で針が指す値をさらに増やすことはできません。

また、針が指す値を 1 つ変化させる度に音が 1 回鳴ります。例えば針が 0 を指している状態から 1 ずつ針が指す値を増やしていって針が 5 を指すようにした場合には 5 回音が鳴ります。

あなたは金庫が鳴らす音が苦手で、余り音を鳴らしたくないので、音を鳴らす回数として考えられる最小値が知りたいです。


入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。

A
B
  • 1 行目には、最初に針を合わせるべき整数 A (-100 ≦ A ≦ 100) が与えられる。
  • 2 行目には、次に針を合わせるべき整数 B (-100 ≦ B ≦ 100) が与えられる。
  • A0, B0, AB である。

出力

音を鳴らす回数として考えられる最小値を 1 行に出力せよ。出力の末尾にも改行を入れること。


入力例1

5
-2

出力例1

14

針が指す整数を 01234543210-1-2-10 と移動させることで音を鳴らす回数を 14 回に抑えることができます。


入力例2

4
3

出力例2

8

先に B で指定された値に針が一致することもあります。


入力例3

-40
-91

出力例3

182