A - 素数、コンテスト、素数

Time Limit: 2 sec / Memory Limit: 256 MB

問題文

アルゴリズムとコンテストが大好きな俺は、AtCoder Regular Contest(ARC) にも毎回欠かさずに参加していた。
しかしある時のこと、大学で怪しげな連中に突然「あなたは素数の光を信じますか?」と話しかけられてから様子がおかしい。
俺は数学がそこまでできるわけではないが、素数ぐらいは知っている。1 とその数自身でしか割り切れない正の整数のことだ。
ただし 1 が素数じゃないってことだって知ってる。でも素数の光っていうのは何だかよく分からなかった。
奴らの話を聞いてからなんだか変だ。頭の中にはいつだって片隅に素数がいるし、素数を見るとなぜかたまらなく嬉しくなるようになった。
これまで毎回欠かさず参加していた ARC も、素数回のときでないと、なんだかうまくいかない気がして見送ってしまう。
そういえば、今もちょうど ARC が始まったところらしい。今回の ARC には、俺は無事に出られるのだろうか。

入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。

N
  • N (17 \leq N \leq 1,000,000) は、ARC が何回目の開催であるかを表す整数である。

出力

ARCN に出場できるとき、すなわち N が素数のときは YES、そうでないときは NO と一行に出力せよ。

入力例1

17

出力例1

YES
今回の ARC017 は、17 が素数である(2 から 16 までのいずれの整数でも割り切れない)ため参加することができる。

入力例2

18

出力例2

NO
次回の ARC018 は、18 がたとえば 23 で割り切れるため参加することができない。

入力例3

999983

出力例3

YES
ARC999983 はいつ頃開催されることになるのでしょうか。

入力例4

672263

出力例4

NO
6722631 とそれ自身以外に、5471229 で割り切ることができる。