A - スペース高橋君

Time Limit: 2 sec / Memory Limit: 256 MB

問題文

スペース高橋君は今日も銀河の平和を守っています。

スペース高橋君は銀河の治安を悪化させているスペース青木君と踊りで勝負することにしました。

具体的な方法を説明します。

スペース青木君は LeftRightAtCoder、の三種類の単語からなる言葉を発します。

スペース高橋君は Left と聞いたら <Right と聞いたら >AtCoder と聞いたら A と答えます。

あなたの仕事は、スペース高橋君をサポートするためのプログラムを書くことです。

スペース青木君の発した言葉が与えられるので、スペース高橋君の発する言葉を表示するプログラムを作ってください。


入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。

S
  • 1 行目には文字列 S が与えられる。S には半角スペースが含まれることもあることに注意せよ。
  • S の長さは 1 文字以上 100 文字以下である。
  • S は、3 種類の単語 (LeftRightAtCoder) いくつかを半角スペース 1 つでつないだものである。

出力

出力は標準出力に行い、末尾に改行を入れること。

S について、Left<Right>AtCoderA に置換したものを一行に出力せよ。行の最後に余分な空白を入れないように注意すること。


入力例1

Left Right AtCoder

出力例1

< > A

入力例2

Left Left Right Right AtCoder

出力例2

< < > > A

入力例3

Right Right AtCoder Left Left AtCoder

出力例3

> > A < < A