B - Tapu & Tapi

Time Limit: 2 sec / Memory Limit: 1024 MB

配点 : 300

問題文

Treeone 君は 100 円玉を A 枚、10 円玉を B 枚、1 円玉を C 枚持っています。

小銭は邪魔なので たぷちゃん と たぴちゃん の 2 人にお小遣いとしてあげることにしました。

しかし、2 人は仲が悪いので同じ金額をもらえないと喧嘩してしまいます。

全ての硬貨をそれぞれ 2 人のどちらかにあげるとき、2 人に同じ金額のお小遣いをあげることができるかどうかを判定してください。

入力は Q 個のデータセットからなります。

制約

  • 1 \leq Q \leq 50
  • 0 \leq A, B, C \leq 10^9
  • 1 \leq A + B + C
  • 入力は全て整数

部分点

  • A, B, C \leq 100 を満たすデータセットに正解した場合、20 点が与えられる。

入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。

Q
A_1 B_1 C_1
A_2 B_2 C_2
:
A_Q B_Q C_Q

i 番目のデータセットでは、A = A_i, B = B_i, C = C_i である。

出力

Q 行出力せよ。i 行目には、i 番目のデータセットで 2 人に同じ金額のお小遣いをあげることができる場合 Yes、そうでない場合 No と出力せよ。


入力例 1

2
2 10 20
1 1 1

出力例 1

Yes
No

1 番目のデータセットでは、例えばそれぞれに 100 円玉を 1 枚、10 円玉を 5 枚、1 円玉を 10 枚あげることで、同じ金額のお小遣いをあげることができます。

2 番目のデータセットでは、どのように分けても 2 人に同じ金額のお小遣いをあげることはできません。